Bilingual Reading

ID

English (US)

Japanese (日本の)

1

Blacktip Reef ツマグロ

2

XX was required to create a memorable and enjoyable setting, but equally, a high level of technical precision was needed to meet the scientific demands of the project, ensuring the optimum relationship between light and water. To create a dramatic visual effect both above and under the water surface, Flux Studio set out to increase the apparent brightness of displays, while counter balancing this with a dimmer saturated blue light in the non-display areas. As visitors move throughout the space, the interaction of light and water is called to mind by the use of reflective and refractive materials such as acrylic and mirrors combined with dynamic lighting. The resulting ripples, patterns and shifting views create the feeling of being immersed in a magical underwater world. XXとしては思い出に残る楽しいセッティングを作り出さなければならず、同時に、プロジェクトの科学的要望を満たす高精度の技術も必要でした。このため光と水の最適な関係が成り立ちました。水面上と水面下の両方でドラマティックな視覚効果を生み出すために、フラックススタジオはディスプレイ表示部分の明るさを増加し、同時に、表示されない部分をぼんやりと飽和したブルーライトにすることで、対照させるバランスを取っています。動きのある照明とともに、アクリルや鏡など、反射や屈折を起こす材が使われているため、ビジターは空間内を移動すると、光と水の相互作用を彷彿とさせられます。この効果により波紋、模様、視点が動き、不思議な海底世界にいるような気分になります。

3

Eqho Tower, a 130-metre high-rise in La Défense, Paris, underwent refurbishment in 2011, including a complete restructuring of its lobby to allow for the entry of natural light. A renewal of the building’s façades was also proposed. Natural light is critical to the design. The lobby of the Eqho Tower has a large glass roof twelve metres above floor level. It is suffused in natural light, which changes the space as the days and seasons alter. At night the entire lobby is lit by floodlights equipped with various optics and 150W ceramic metal halide lamps, which have been mounted above the glass roof, on the exterior of the building. The beams of light shine vertically downwards, into the lobby, lighting the floor of the ground level, as well as the openings into the basement, the stairs and the walls. The average illuminance in the lobby is 150 lux, with additional light picking out areas of particular interest. パリのラ・デファンス地区にそびえたつ130メートルの高層ビル、Eqhoタワーは、ロビーに自然光が入るように再建築され、2011年に装いを新たにしました。ビルのファサードもリニューアルしました。自然光はこの設計の要です。Eqhoタワーのロビーには、地上12メートルの大きなガラス屋根があります。自然光をふんだんに取り入れ、日々季節の移り変わりとともに空間の雰囲気が変わります。夜間は、ロビー全体にビル外部のガラス屋根に取り付けられた様々なオプティクスや150Wのメタルハライドランプの光が降り注ぎます。ビームライトはロビーへと垂直に輝き、地上の床を照らすのみならず、地下への入り口、階段、そして壁をも照らします。スポットライト照射部分を含むロビーの平均的な照度は150ルクスです。

4

Supplementary electric lighting has been delicately combined with daylight within the skylight galleries, ensuring that the correct balance of daylight and electric light can be achieved for all types of art exhibition. All lighting within the gallery spaces is from LED sources that were carefully selected to provide the highest quality of light. スカイライトギャラリーでは、補助的な電気照明を絶妙に組み合わせ、どんな種類のアートの展示であっても日光と電気光のちょうどいいバランスが実現されるようになっています。ギャラリー空間内のすべての照明がLED光源で、これらは最高の光の質を実現できるように慎重に選ばれています。

5

The Pawtucket River Bridge’s is comprised of four pillars featuring representations of Art Deco wings. Seen from the river, the bridge, made of metalized steel and illuminated at night with coloured LED lighting, resembles a graceful silvery arch over the Pawtucket River. Abernathy Lighting Design was responsible for the scheme. The project cost $80 million and was completed in 2013. The design challenge was not to create a linkage over a relatively narrow New England waterway but to convey the series of extraordinary events that for centuries converged at the very spot where the bridge now stands. The design process focused heavily on community contribution. The final structure references Art Deco architectural stylings found in local buildings and expresses strength and permanence in the simple lines and angles of its open-spandrel deck arch structure. From hand hewn covered bridges to steel and concrete marvels, Rhode Islanders have long expressed pride in bridges and regard them as iconic structures. ポータケット・リバー・ブリッジはアールデコウィングの様式を特徴とする4つの柱から成ります。川から見ると、夜間LEDカラー照明でライトアップされる金属鋼製の橋は、ポータケット川に架けられた上品な銀のアーチのようです。アベルナシー・ライトニング・デザインがこのプロジェクトを担当しました。プロジェクトにかかった費用は八千万ドルで2013年に完成しました。設計で難しかった点は比較的狭いニューイングランドの水路をつなぐことではなく、現在橋が架かるその場所にある、何世紀にも渡る多くの歴史を伝えることでした。設計過程ではコミュニティーの貢献を特に重視しました。最終的な構造は地元の建築物に見られ、オープンスパンドレルアーチ構造の、シンプルなラインと角度に強さと恒久性が見られるアールデコ建築を参考にしました。手斧掛けした木製の橋から鉄製、コンクリート製、大理石製まで、ロードアイランドの住人達は橋に歴史的な誇りを持っており、橋を象徴的なものと捉えているのです。

Industry

General

Subject

General

Product

General

Our Task

TEP (translation, edition, proofreading)

Source File Format

word

Skills Involved or Tools Used

Transee, DTP