曖昧語

曖昧語とは、けじめがはっきりしなかったり、一つの語の意味内容が確定しにくかったりするという言葉です。その特色は、婉曲であり、含蓄があり、人々と愉快的、優しい人間関係を持つのに役立てます。日本人は食い違いを隠すには問題の実質を回避して、衝突に矛盾の激化を避ける場合、よく曖昧語を使います。

曖昧語の表現はいろいろあります。例えば、「どちらへお出かけですか」と聞かれたら、いつも「ちょっとそこまで」と答えます。実は、答え者は一体どこへ行くかと返答しないです。聞き方も相手の行き先が知りたいわけではないで、ただ相手と挨拶します。

それから、中国の公衆場所では「空港内に禁煙する」、「痰を吐くことを厳禁する」など、こういう布告がはっきりと書いてありますが、日本人が「空港内に喫煙をご遠慮ください」」という言い方に換えて、「痰を吐くのをご遠慮ください」と書かれます。日本人は直接的に「いいえ」を話さない人です。

その原因は何ですか。日本人は「以心伝心」の交流方式が好きです。「以心伝心」の意味は広辞苑による、「思うことが言葉によらず、互いの心から心に伝わること」と言います。

そして、日本人は何よりも「和」を重んじているので、周囲の人に傷つけたり、困らせたり、恥をかかせたりなどといった言語行動を極力避けています。だから、これを美徳としている日本人の中で、「争わない」、「遠慮する」ことが多いです…

Facebooktwittergoogle_pluslinkedinmail

Need a translation service?

Please enter your personal details and we will contact you shortly

Words translated by CCJK

146,096,379

We are Certified

Our Client Satisfaction

rating for previous quarte

4.00

Over 95% of our clients recommend our language services to others

Copyright © CCJK Technologies Co., Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
TOP