Blog

日语中母国、祖国以及故国的用法区分

日本語における母国、祖国、故国の使い分けについて 日语中母国、祖国以及故国的用法区分 1.母国は、自分自身が基本的に生まれ育った期間が長い国で、自分のアイデンティティーが形成された国を、母国であるということが多いと思います。その国の国籍であるかどうかは、あまり関係ありません。 母国多指出生并成长的国家,并且受这个国家的影响而形成的个性,与是否拥有该国国籍无关。 例 アメリカ人と結婚した日本人が、アメリカ国籍を取得し、 アメリカで生活している場合、その日本人にとっての母国は、日本です。 例如 日本人通过和美国人结婚取得了美国国籍,对于这个在美国生活的日本人来说,母国就是日本。 2.祖国は、自分のルーツのある国。 祖国是指自己祖籍所在的国家。 ここで生まれ育ったかは、問題ではないと思います。 与出生和成长的地方无关。 この場合は、国籍は、同一でないことが多いと思います。 这种情况下,国籍通常不属于祖国。 例 ブラジルの日系人の2世などにとり、日本は祖国であるかもしれませんが、母国ではないと思われます。祖国は日本で、母国はブラジルという形になると思います。 例如 对于巴西籍第二代日本人来说,日本可能是他们的祖国而不是母国。他们的祖国是日本而母国是巴西。 3.故国は、自分が何国人であるかのアイデンティティーと国籍が一致している国をさすことが、多いと思います。故郷ということばのように、なつかしんでいるイメージが強いと思います。 故国多指自身有国人认同感的国家并且拥有这个国家的国籍。如同故乡这个词一样,会勾起人们的无限思念。 例 日本人の会社員が、外国で何年も滞在している場合に、故国を思うのです。 例如 日本职员在异国他乡停留多年,非常想念故国。 また、母語と母国語は違います。 另外 ,母语和母国语是不同的。 母国語は、あくまでも自分の国籍のことばで、母語は、自分の第一言語。 原则上讲来,母国语是指自己国籍所在的语言,母语是指自己的第一语言。 例 日本生まれの多くの在日に人にとって、母語は、日本語で、母国語は、(ほとんどしゃべれない)韓国語・朝鮮語であることが多いです。 例如 对于在日本出生的大多数在日人员来说,母语为日本语,母国语(极少讲)多为韩语和朝鲜语。 この場合、「母国語の母国」と「母国」は、少し意味が違うような気がします。 在这种情况下,“母国语的母国”和“母国”表达的意思就有点不同了。

Over 95% of our clients recommend our language services to others


Copyright © CCJK Technologies Co., Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
TOP