中国の春節と日本の元旦における習慣

中国の春節は日本の元旦と同じ、全て楽しく祝って、昨年に別れを告げ新年を迎える祝日である。 みんな大掃除をしたり、家を飾ったりする。ある地方も提灯をつるし色絹を飾って、都市と農村の各地はすべて飾られて新しくなる。

中国の春節と日本の元旦には除夜があり、夜を徹し新年を迎えるもちを食べ、一家団欒の食事、お年玉をもらうなどの習俗がある。そして、人人が未来への願望と目的を切に願うという点では共通だ。

中国の春節は日本の元旦も全国的な祝日である。しかし、違うところもたくさんある。期日といえば、中国の春節には旧暦の正月1日で、日本の元旦には西暦の1月1日である。また、中国の春節の休日は普通は旧暦の1日から7日まで、全部で7日の祝日がある。日本は全国の休暇日は毎年12月29日から1月3日にかけて、全部で5日である。それから、お祝いの方式が違う。

中国では新年が到来すると、どの家でもドアを開け、爆竹に火をつけて放ち、パンパンという爆竹の音で古いものを除いて新年を歓迎する。日本は元旦の期間爆竹などを放しないで、みんなひっそりと静かに新年を祝うのだ。それから、春節葉中国人にとって、守岁の特別な意味がある。

全家族が夜を徹して眠らないで、談笑したり楽しんだりして、中央テレビ放送による春節聯歓晚会を見て、夜を楽しく過ごす。でも、日本人は新年を迎える時 全家族がストーブの側を囲んで座って、静かに寺院の108の鐘の音を鳴るのを待って、男女のグループに分かれて紅白の歌合戦を行うテレビで過ごす。

他には、飾り物。中国人はいつも門の上に門を守る神の画像、軒の下に灯籠が掛けたり、赤色の春聯、年画などを貼ったりして、来年幸せな生活の良好な願望を表す。それに对して、日本では入り口の扉に門松をかけて、門の上に藁縄などに掛けることはすべて災害を避けるための魔よけで、来年の四季の平安、幸運を切に願う。

Facebooktwittergoogle_pluslinkedinmail

Need a translation service?

Please enter your personal details and we will contact you shortly

Words translated by CCJK

146,096,379

We are Certified

Our Client Satisfaction

rating for previous quarte

4.00

Over 95% of our clients recommend our language services to others

Copyright © CCJK Technologies Co., Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
TOP